あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

トム・クルーズ主演映画のロケ地が外国人観光客の人気スポットに!

2019/03/18
 
円教寺大講堂
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク
2019年1月16日に放映されたTBSの朝番組「ビビット」で外国人観光客に人気のスポットが紹介されました。


マサミは番組で紹介された人気スポットが、私たち日本人が常識的に考えている有名観光地でないのに驚きを覚えました。


話のネタにあなたとシェアしたいと思います。

トム・クルーズ主演『ラストサムライ』のロケ地・姫路市の円教寺

「ビビット」では、人気スポットの一つにトム・クルーズ(Tom Cruise)が主演した『ラストサムライ』のロケ地の一つが挙げられていたのです。


トム・クルーズは『トップガン』の世界的ヒットにより、トップスターの仲間入りを果たし、その後も次々とヒット作に出演しています。


トム・クルーズが渡辺謙さんとも共演した『ラストサムライ』の宣伝のために2003年8月に来日した折には、小泉純一郎首相の首相官邸に表敬訪問したほどの親日家です。


日本国内の『ラストサムライ』のロケ地は、長崎県佐世保市船越町の石岳展望台や京都市東山区の知恩院の男坂などでも行われていますが、当日放送の「ビビット」では、ロケ地の一つになった兵庫県姫路市の書写山、円教寺が紹介されていました。

円教寺大講堂
出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)
File:圓教寺 大講堂 – panoramio.jpgより



書写山の山道を車で登ると国の重要文化財の大講堂、食堂(じきどう)、常行堂(じょうぎょうどう)などの建物に囲まれた広場に到着します。


ここでは、大勢の観光客が思い思いに写真を撮ったり見学をしていましたが、平日だと80%くらいが外国からの観光客とか。


外国人観光客は「トム・クルーズのまねができる」とご満悦

番組のインタビューに答えた外国人観光客の一人は「トム・クルーズのまねができる」と、すごくご満悦の様子でした。


その他の観光客もラストサムライの背景シーンを前にして記念写真を撮る人が大勢いました。


ラストサムライは世界中でヒット。その為に円教寺を訪れる観光客も増え、その後もたくさんの映画のロケ地に円教寺が選ばれるきっかけになったとか。


マサミもぜひ、一度、姫路市の円教寺を訪れてみたいものです。

円教寺の正式名称は書寫山・圓教寺というそうです。


その他の外国人に人気の観光スポット

当日の「ビビット」の外国人観光客に人気スポットの番組コーナーでは、その他の人気スポットも紹介していました。


こちらも、われわれ日本人には思いもよらぬ意外な場所だったので簡単ですがお知らせしておきますね。


たとえば観光バスで来る団体客の相手の国の国旗や国別に作った特別な名刺を使っておもてなしに気配りをする、女将さんがいるお土産屋さんも紹介されていました。きっと、観光バス会社とも提携しているお土産屋さんだと思いますが、女将さん目当ての外国人客もみえました。


また、東京都内の簡易ホテルですが、近所のお店や施設を利用して日本茶の淹れ方や着物の着付けなどの体験型リゾートを提案する宿も紹介されていました。この宿には、数日から一週間程度、連泊するお客様が多いというレポートでした。


まとめ

私たち日本人が考えると、遠く海外からみえたお客様はキット日本を代表する有名観光地巡りをされるのでは・・・と思い込みがちですが、意外なスポットに人気が集まっているようですね。


この現象は、SNSでの情報を頼りにする観光客や二度目、三度目の来日観光客が多くなったことが起因しているのではないでしょうか?


日本は四季の国です。一つの観光スポットで4回も楽しむことができるのです。


最初の日本観光のきっかけが何であっても構いません。
でも、お土産屋さんの女将さんや、東京都内の簡易ホテルのように、おもてなしの心を大切にすれば、何度も観光に訪れていただける観光資源の豊富な国だといえます。


そして、日本という国を好きになっていただければ、国際平和への道も今以上に進展するのではないでしょうか? マサミ
 
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2019 All Rights Reserved.