あなたの日々のコミュニケーションに役立つ話のネタをお届けします

内山信二が突然死のリスクを受けた“名医のTHE太鼓判!”を見た!体重は?

2019/05/28
 
内山信二 名医のTHE太鼓判 血管ドック!
この記事を書いている人 - WRITER -

5月20日放送の「名医のTHE太鼓判!」では、内山信二さんが「明日、突然死しても…」と医師から警告を受けてしまう・・・ということで番組を見ました。

速報の「内山信二さんが、医師から『突然死のリスクが一番高い!』と宣告」はここからご覧ください。

スポンサーリンク

今回の「名医のTHE太鼓判!」は「【血管・肺・肌の人間ドック】★芸能人余命宣告SP・重大な病気の発症まであと「?」年」と非常にショッキングなタイトルがついています。

ゲストの内山信二さん、元横綱・若乃花の花田虎上さんの他、奥山佳恵、くっきー、重盛さと美、野呂佳代、ユージ、遼河はるひさん達が出演して、血管・肺・肌の人間ドックを受けてもらいました。

内山信二さんと花田虎上さんの血管拡張率に深刻な問題が!

「突然死」宣言で話題になった血管については、花田虎上さんと内山信二さんの2人に問題が発覚しました。

「名医のTHE太鼓判!」では50項目もの血液検査や血管内皮機能検査などで、人間ドックよりも詳しくゲストの血管を調べました。

その結果、まずワースト2位として花田さんの名前が呼ばれました。

花田さんが最も深刻だった検査項目は血管拡張率でした。

血流依存性血管拡張反応(番組では血管拡張率と表現)は6%以上を基準値として設けている機器もあるが、明確な基準値は現在のところ存在しないそうです。

しかし、「名医のTHE太鼓判!」では7%を基準値としていた。(機器によって違うようです)

スポンサーリンク

普通なら花田さんの年齢である48歳の正常な血管拡張率は約6%だが、番組での検査結果は3.9%だった。

この数値は血管が硬くなっている事を示し、心筋梗塞や脳梗塞などになる確率は、正常な人の約20倍の高確率だという。花田さんは、デッドラインまであと7年と診断された。

続いてワースト1位の内山さんの名前が呼ばれた。

内山さんは「お兄ちゃんの名前が呼ばれたから、次は自分だと思っていた」と発言、花田さんよりもさらに状況は悪かった。

内山さんの血管拡張率は、37歳の正常値が約6.3%のところ1.3%。血管の動脈硬化は改善困難な状態まで進行という表現が使われていました。そして、内山さんはデッドラインまであと1年と診断された。

さらに内山さんには「今日、明日にもデッドラインを越えて突然死を起こす可能性がある」と消化器内科の大竹真一郎先生が発言した。
(「明日、突然死しても…」という発言は大竹先生でした)

内山信二さんと体重とBMIは?

内山 信二(うちやま しんじ、1981年9月25日 – )は、日本のタレント、グルメリポーター、俳優、元子役で、その体型を売りにしているデブタレントである。東京都葛飾区出身。身長174cm、体重114kg。スリーサイズ:B117/W110/H105。所属事務所はSHUプロモーション。

出典:Wikipedia

上記のように以前の内山さんの体重は114キロでしたがダイエットで減量したという。

現在の内山さんの体重は公式プロフィールで100キロ。身長が174センチだからBMIは33.03。

番組で「お兄ちゃんの名前が呼ばれたから、次は自分だと思っていた」という発言は花田虎上さんと同じような体重変化の経緯をたどり、現在もお兄ちゃんとは同じような体型だから「ピン!」ときたのではないでしょうか?

この体型(BMI・33.03)で30代後半になれば、循環器系に何かの不都合が出て当たり前ですよね。

内山信二さんと花田虎上さんには一酸化窒素が不足!

2人に対して東京都健康長寿医療センターの原田和昌先生は血管を柔らかくする「ある物質」NOが不足していると言う。

NOとは昨日の「内山信二さんが、医師から『突然死のリスクが一番高い!』と宣告」でマサミが記述、予言した一酸化窒素のことです。

原田先生によれば、花田さんは肉が大好物だが、肉の脂身を食べすぎると血中のコレステロールが上がり、NOの分泌を妨げるという。

また、豚肉の生姜焼きを食べる内山さんは花田さんが食べていたステーキ肉より脂身が少ない点は良かったが、みそ汁の代わりに食べるカップ麺で塩分過多になり、血圧が上がってNOが出にくい状態になっていると指摘した。

2人とも食後すぐに寝たり、横になっていますが、どちらの生活習慣も血管に負担をかけてNOの分泌を抑制してしまうという。

海女さん生活がNOの分泌を促し血管を柔らかく改善する

大竹先生によると、海女さん生活が血管を柔らかくするという。

番組では内山さんが三重県志摩市を訪れて、海女さん生活を調査した。

志摩市の70歳以上の海女さん、全員の血管年齢を測定したら、75歳の濱口さんの血管年齢は34歳!

濱口さん以外の全員が実年齢より血管年齢の方が若かった。

海女さん達の血管拡張率の検査の平均は約4.3%、多くの人が70代の平均より良い数値が出た。

海女さんの生活には、NOを増やす2つのポイントが有る

海女さんの生活には、NOを増やす2つのポイントが有るという事でした。

1つは海女さんが漁で行う素潜りの時にNOがたくさん分泌されるという。

理由は海に潜って体に水圧がかかると末梢血管に圧力がかかり、水面に上がって水圧から解放されると、血流が増えてNOが多く発生するという。

番組では海ではなく、水深1メートルのプールの水圧でも血流量が約2倍に上昇することを国士舘大学の須藤明治教授の協力のもと実験しました。

家庭で簡単に血流を増やすには、41度以下のお風呂に入って手足のグーパーを50回するだけで同様の効果が得られるということでした。

 

海女さん生活のNOを増やす2つ目のポイントは食事でした。

海女さんがよく食べるイワシには、NOのもとになるアルギニンが多く含まれているという。さらにイワシにはNoを減らす悪玉物質を抑制する成分も豊富。

イワシの缶詰を1日1缶食べれば、1日の摂取の目安量を摂ることができる。

さらにイワシと一緒にきゅうりを食べるとより効果的。理由はきゅうりに含まれるシトルリンが効果的にNOを増やすということでした。

番組では上記のお風呂での手足のグーパー運動と、イワシの缶詰ときゅうりを食べる事による一週間の生活改善実験を2人の主婦が行った。

その結果、血管拡張率が3.8%だった米持美江子さんは、6.3%まで改善。
関谷典子さんも5.1%から7.8%に改善した。

同様に1週間の生活改善実験に、花田さんと内山さんも挑戦した。

結果は3.9%だった花田さんの血管拡張率が4.8%に改善し、1.3%だった内山さんは1.4%になった。

生活習慣を改善すればもっと改善が見込めると考えられるという。

お二人とも良いことを教えてもらえたのですから、ぜひ、これからも続けてください。

私もやってみます。 マサミ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 紳士と淑女の話のネタBlog , 2019 All Rights Reserved.